恋愛

どうすれば好きになってくれるのかわからない時に

Pocket

困ったときには「笑う」だけでいい!

笑顔にはすごい力がある。

悩みを抱えているときや落ち込んでいるときというのは、気持ちも顔も固くこわばってしまう。

気持ちのほうをすぐに切り替えたり立て直したりするのは難しいが、顔の表情だけに限れば、一瞬で切り替えることができる。

スポンサードリンク

多少強引にでも、鏡に向かって「ニッ」と口角を上げてみると、それまでこわばっていた顔が一瞬にしてはぐれる。

鏡の中の情けないような笑顔を見ると、つい微笑んでしまい、心まで軽くなるのである。

つまり、笑顔をつくる顔の表情は、それ自体が心を和らげる信号を発信しているということになる。

 

赤ん坊はよく笑顔を見せてくれる。

ようやく目が見えるようになったばかりなのに、何が楽しいのか、よく笑う。

そして、そんな笑顔を見ると、誰もが思わず笑顔を向けてしまうのである。

 

笑顔というのは、自分が幸せになれるだけではなく、まわりも幸 せにする力を持っているのである。

笑顔を向けられて不愉快になる人はいない。

笑顔には笑顔で応えたくなる。

 

赤ん坊は、幸せだから笑っているのではなく、笑っているから幸せなのだといえる。

いくら使っても減るものではないのだから、笑顔をもっと活用していいのではないだろうか。

たとえば合コン等、複数の人聞が入り交じっている場所で、自分が話をしているときに笑顔を向けてうなずいてくれる人がいるとする。

スポンサードリンク

すると、いつのまにかその人に目を向けるようになる。

自分に注目してくれる人や、もしかしたら好意を持ってくれているのではないかと思わせるような人は、決して見逃さないものである。

そして、いつのまにかその人だけに向かって話し続けるようになる。

 

笑顔には、「私はあなたに心を許しているよ」

「私はあなたの味方だよ」というメッセージを込めることができるのである。

 

傷つけてしまった相手には、この表情が効く!

また、自分にはそのつもりがなくても、知らず知らずのうちに相手を傷つけるような発言をしてしまうこともある。

議論が白熱して、いわなくてもいいことまでつい口を滑らせてしまうこともある。

「アレまった、いいすぎた」と思ってあわててとりつくろおうとしても、固く引きつった表情のままでは、相手の反感を買うばかりだろう。

 

「私はあなたとあくまでも対決するつもりだ」といっているようなものだからである。

そこでニッコリ笑顔を見せることができれば、ピンと張りつめた空気が一瞬ゆるむ。

相手が「この人は私の敵ではない」と認識するからである。

 

しかしたとえ、困ったような、あるいは引きつったような笑顔であってもかまわないのである。

その場合は、「困ったな、本当はあなたと争うつもりなどなかったのに…」

というメッセージを伝えることができるからである。

 

自分の立場が悪くなれば、自分を弁護しようと躍起になる。

そして、心の中では「自分は間違っていない。なぜわかってくれないのか」と、つい相手を責めてしまいたくなるだろう。

そういうときこそまず、笑顔である。

 

心の中の思惑がどうであろうと、「ニッ」と頬をゆるませてみる。

それは、やがて自分の心をゆるませ、その場の空気をゆるませ、相手の心をゆるませるのである。

 

関連記事

→ストーカーされやすい女性に知ってほしい!

→恋愛で尽くす女性の心理って?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP