すぐ怒る短気な旦那の扱い方12項目


男をイラッとさせる「売り言葉」

「自分は喧嘩をするとき、どんな態度をとっているのだろうか?」

この点を冷静に眺めてみると、自分の「言い方」に旦那をエスカレートさせる原因があったのかもしれません。

次にある「すぐ怒る短気な旦那の扱い方。改善プラン」を実践すれば、必ず旦那の反応も変わってくるはずです。

今回の記事では、そんなすぐ怒る短気な旦那の扱い方12項目について、お伝えしていきます。

スポンサードリンク

1.怒鳴ったり、感情を爆発させない

すぐ怒る旦那を責めたり、文句を言ったり、バカにしたり、皮肉を言ったりして、感情的になりすぎないよう努力しましょう。

すぐ怒る短気な旦那の場合、感情的になりやすいですから、自分を抑えきれなくなって怒鳴り合いが始まってしまいます。

 

2.溜まった不満はぶちまけない

「ちっとも手伝う気なんてないのね」「いつもシンクにお皿を置きっぱなし!」といった、言い方はやめよう。

すぐ怒る短気な旦那に対しては、「〇〇してくれる?」といったお願い型でお願いをし、ご褒美に褒めると効果的です。

 

3.自分が求めていることを明確に

話し合い 夫婦

自分が何を求めているかをはっきりさせず、旦那の言うことやすることを「問題」にしてしまってはいけない。

むしろ「解決策」に焦点を当てるようにしましょう。

例えば、「〇〇はイヤなのだ!」ではなく、「ここが嫌だから、気をつけてもらえたら嬉しい」という遠まわしな言い方で、自分が求めていることを明確に伝え、それをクリアできればしっかりと旦那に伝えてあげると、男性というのは心の底から喜び、あなたのお願いにも協力的になる傾向が高くなります。

 

4.昔の話を蒸し返さない

「実はあの時〇〇な気持ちで、こうしてほしかったの!」などと、記憶の中の感情をもち出さないこと。

すぐ怒る短気な旦那というのは、『知らない!その時に言ってくれないと分からない!』という反論をしがちですから、昔の話をするのではなく、その時にやめてほしいことを口でしっかりと伝えることが大事です。

 

5.自分の感情で理解しない

「〇〇だなんて、ホントに腹が立つわ」ではなく、「今あなたが言ったのは〇〇っていう意味よね」といい換えてみる。

話し合いになると、旦那の発言をもう一度問い直すのがよい。

スポンサードリンク

6.決めつけたり、命令したりしない

「こうしないとダメよ!」「そうすべきじゃないのに!」と決めつけるのではなく、同じことでも自分の好きか嫌いかを基準に表現してみよう。

例えば、「こういうふうにしてくれると嬉しいな」「こうしてもらえるととっても助かるわ」といってみよう。

 

7.旦那に依存しすぎない

依存

「うーん、そういうのはあんまり行きたくない…」と、旦那の計画にダメ出しをしたり、計画を旦那に任せきりにはしないこと。

計画を旦那一人に任せるだけでなく、普段のちょっとしたこと、例えば、「私、ちょっとリラックスしたいからジムで走ってくるわ」というふうに、自分から楽しいことを計画する癖をつけましょう。

 

8.昔と比べない、周りとも比べない

「前はもっと優しかったのに!」「そんなことをする人なんて、あなた以外に見たことないわ!」ではなく、「あなたが〇〇してくれるのがとっても好きなの」と、現在の旦那の行動を評価しましょう。

間違っても、すぐ怒る短気な旦那には比べるという行為はしてはいけません。

 

9.態度を変えたり、謝るまで許さないはNG

これはさすがに許せないということではない限りは、あなたから先に許してあげましょう。

あなたは心を閉ざしたままで、旦那だけ変えてやろうという態度では、ますますすぐ怒る短気な旦那の心を変えることはできません。

 

10.旦那に女性らしさは求めない

「あなたはへ理屈ばっかりね」「どうして本心をいわないの?」など、こうした批判的な言い方は、旦那への尊敬の念に欠けています。

そうではなく、「あなたが解決法を言ってしまいたいと思っているのは分かるんだけど…」「あなたがこういうことを話すのは苦手だと知っているんだけど…」などと、男性目線で理解しようとしている姿をアピールしましょう。

 

11.勝手に一人で話を進めない

進めない

これは、女性が自制心を失ったときによくやってしまう行動的特徴の1つです。

そうではなく、旦那にも弁解のチャンスや、理由を話すチャンスを与えましょう。

すぐ怒る短気な旦那というのは、こうした勝手な行動に対しては非常にイラッとしてしまいがちです。

 

12.時には受け入れる

すぐ怒る短気な旦那に対して抵抗ばかりするのではなく、時にはこれが旦那だという理解を示し、受け入れてあげましょう。

案外素直になってみると、旦那の態度もその時だけでも変わったりするものです。

 

当てはまる項目を再確認しよう

いかがだったでしょうか。

喧嘩を避けるには、このリストをじっくり読み、自分がしてしまいがちな「嫌な言い方」はどれかよく考え、そういったことを言わずに話し合いをするとしたら、どうなるかを想像してみてください。

また、このリストは男性にも有効です。

彼女が何を考えているのかが分かれば、旦那は自分の間違いに気づくことができます。

同じように、女性も男性の気持ちを知っていれば、「旦那はこんな気持ちだからこういう態度に出てしまうのね。こういうとき、どういうふうに言えばよかったかな?」と冷静になることができます。

旦那は「男性であるがゆえ」にそういう態度に怠ってしまうのであって、けっしてあなたへの個人攻撃ではないということを、理解しておいてください。

また、「旦那にストレスの限界を感じる原因3選」もセットで読んでみましょう。

旦那のストレスの限界を感じてしまっているかもしれないあなたは、一度目にしてみるべき1ページであるといえるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る