悩み

すぐ怒る短気な嫁の扱い方4選

Pocket

すぐ怒る短気な嫁に対して、「うざい」や「怖い」といった感情を抱く旦那が多く、中には「離婚」や「殺したい」とまで検索する人も、案外多いということに驚かされます。

もちろん、すぐ怒る短気な嫁を大事に思い、この1ページにたどり着いた人もいるのも事実です。

今回の記事では、そんなすぐ怒る短気な嫁の扱い方について、非常に簡単で今すぐ実行できる対処法を4選にまとめています。

旦那が勘違いしやすい嫁の感情といった部分も細かくお伝えしていますので、しっかりと最後まで読み進めていきましょう。

スポンサードリンク

女性は「聞いた」実感が欲しい

すぐ怒る短気な嫁との喧嘩を避けるためにも、男性にできる最も簡単なことは、「女性の気持ちを切り捨てる発言をしない」ことであります。

男性は自分のしていることに気づいてさえいないので、はじめは難しいかもしれませんが、努力すれば万一喧嘩になってしまっても、ずっと簡単に仲直りできるようになります。

ここでは、以下にすぐ怒る短気な嫁を怒らせてしまう言葉と、そうでない言葉の少しの違いというのを挙げていきましょう。

 

◇嫁を怒らせる男の言葉

「そんなの意味ないよ」
「どうでもいいことにそんなに怒るなよ」
「大騒ぎしすぎだよ」
「そんなこといってない」
「俺が何でこんな目に遭わなきゃいけないんだ」

 

◇嫁を怒らせない男の言葉

「よし、君の話をちゃんと理解できているか確認させて。君は〇〇と感じているってことだよね」
「君が怒るのも当然だよ。〇〇ということだよね」
「ちゃんと理解できてるか確かめていいかな。君は〇〇と思うんだね」
「じゃあ、君は僕が〇〇といったと思ってるんだよね」
「僕たちは前も同じことを話したと思うよ。君がどう感じているかちゃんと理解できているかな。君は…」

 

上記のように、嫁を怒らせない男の言葉というのは、切り捨てるような言い方ではなく、嫁の発言をもう一度いい直して自分の理解度をはっきりさせ、相手の意見を「ちゃんと聞いたよ」ということを伝えています。

すぐ怒る短気な嫁に対しては、上記のような言葉使いを選択することで、議論のペースはグッと落ちる傾向にあり、また高まった緊張を和らげることもできますし、自分だけでなく嫁の興奮も冷ますことができるのです。

スポンサードリンク

火種は「前向き発言」で消し止める

無意識とはいえ男性が女性の気持ちを軽く見る態度に出ると、「彼は私のことなど気にもしていないのだ」と女性は考えはじめ、男性を信用しなくなります。

そして男性の方はさらに守りに入り、二人は寄り添うどころか、どんどん離れていってしまうわけです。

これは特に、二人が疲れているときにはこの傾向が強まりますが、こういうときは互いが発する言葉そのものよりも、声の調子のほうが大きな意味合いをもちます。

例えば口喧嘩の際に、男性は「正しくあること」「解決策を一不すこと」に重きを置くため、声色は突き放したような、まるで「どうでもいい」といったような感じに聞こえます。

たいていの場合、男性は嫁の希望や欲求を気にはかけているのですが、女性からしてみれば、彼の戸色からはその気持ちをうかがうことはできないのです。

ですから、すぐ怒る短気な嫁に対しても同じであり、男性がもっとゆったり構え、女性の考えに耳を傾ければ、この摩擦は小さくなります。

 

旦那が勘違いする嫁の声色

一方で旦那が勘違いしてはいけない点は、女性が議論するときは、気持ちを打ち明け合い、問いかけることに焦点を当てます。

この時に男性の多くは、女性の声色からは信頼感も感謝の気持ちも感じとれず、ただあからさまに相手を責めているように聞こえるでしょう。

女性としては、パートナーの思いやりの気持ちは分かっているものの、男性にはそうは聞こえません。

彼の発言や行動への感謝を込めて話すようにすれば、ドロ沼の口論は食い止められます。

つまり、すぐ怒る短気な嫁も同じであり、議論するときには気持ちを打ち明け合いたい気持ちでいっぱいであり、あなたの本音を聞きたいと思っていることも多いということです。

ですからすぐ怒る短気な嫁が議論を始めた時には、しっかりとまずは嫁の話に耳を傾けて、そして問いかけられた質問に対しては本音でしっかりと気持ちを言いましょう。

もちろん、相手を傷つけるような発言では無く、相手の気持ちも尊重した言葉選びをすることを心がけなければなりません。

 

命令はNGです

いかがだったでしょうか。

男性は女性に「どう感じるべきか」を命令するべきではありませんが、女性のほうも、男性に気持ちを分かってもらいたいなら、自分の感情を話しすぎて議論をエスカレートさせてはいけません。

「どう感じるか」をその場で叫ぶよりも、問題そのものに話を集中させてください。

話し合いの際に自分の気持ちについて話すのは、喧嘩の火種に油を注ぐようなものです。

「プラスの感情」を嫁に伝えるのはよいことなのですが、口論の最中にマイナスの感情をいくら話しても、嫁から信頼や感謝、「気にかけてもらっている」「理解されている」などという、いい印象を受けとることはできません。

そう、一番無駄で意味のない喧嘩は「マイナスの感情についてばかり話すこと」です。

そんなお互いの存在自体が「問題」だといい出せば、もともとの議題を協力して解決できるはずもないのです。

また、「嫁大好きで検索した人に知って欲しい4つの円満ポイント」もセットで読んでみましょう。

円満ポイントについて触れている1ページでありますので、嫁との関係を上手に築き上げていくためにも、知識を入れておきませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP