悩み

これから儲かる仕事や業種5つ

Pocket

これから仕事に就くなら、どんな業種の見通しが明るくて儲かるものなのか?

確かに危ない会社よりは見通しの良さそうな会社、そこそこ程度ではなくガッチリ儲かる会社に勤めたいですよね。

では、どんな業種がそれに当てはまるものなのでしょうか。

これから儲かる仕事や業種5つをチェックしてみましょう。

未来の需要と供給を考える

まずはこれからの時代に何が必要とされるのかを、ちゃんと考えて取り組んでいることが大切です。

必要な物で更にクオリティが高ければ、多めにお金を払っても手に入れるものですが、無駄なことには一銭も払わないという人が世の中にはほとんどです。

しかしながら、安ければ良いという考え方では長続きしません。

資格を取得するのもひとつの手段。

その資格によっては将来独立開業を視野に入れることも出来ます。

資格を持っていることによって、プラスαの待遇が期待できる場合もあります。

資格をとるのであれば、しっかりと未来の需要と供給を考えた上で資格の勉強に挑みましょう。

 

こんな資格なら安定を望める

資格別の収入では弁護士や医師がトップ。

この2つはまさに無敵といっていいほど、安定した高収入が期待出来そうです。

しかしながら、この資格を得るまでに投資される金額も大きいので、取得を目指すのであれば覚悟が必要です。

その後に続くのは公認会計士や税理士。

うまくいけば企業から依頼を受け、専属で仕事が出来るようになるかも知れません。

そうなれば安定した収入を得ることが出来るでしょう。

但し、そこまでいくには実力もさることながら、仕事の正確さや信用も大切。

更に自分をアピールすることが、仕事を獲得出来るかどうかの分かれ目。

地道な活動はもちろんのこと、HPなどでも積極的にアピールする努力を惜しまないことが大事。

まずは地元でしっかり根を張る仕事をすること。

町内の清掃活動や講演会などイベントには積極的に参加し、コミュニケーションを図るのも仕事のうちだと考えなくてはいけません。

そんな地道な活動を継続していくことが仕事に繋がるのです。

宇宙ビジネス

宇宙ビジネスは70兆円とも言われており、今非常に注目されているビジネスです。

また2014年には宇宙旅行が2500万円で予約できるというニュースが流れ、話題になりました。

2014年10月6日の時点では、日本人の予約人数は19人だったと発表されています。

もちろんこの宇宙ビジネスには、知識と驚くほどの初期費用も必要ですから、いきなり宇宙ビジネスに参入するのは難しいと言えるでしょう。

しかし、当たれば大富豪になれることは間違いありません。

 

動画投稿

UFOやエイリアンの動画を紹介する番組を、一度でもご覧になられた人は多いかと思います。

これらの番組で紹介されている動画は、番組が作ったものではありません。

世界中から動画をかき集めており、これら全てにしっかりと使用料が発生しています。

また、高額な動画の場合、1分間で数百万円もの大金を儲ける動画も存在します。

他にも最近ではペット関連の動画がよくテレビで紹介されていますが、あれらもすべて使用料が発生しているのです。

ペットを飼っているのであれば、特技を覚えさせて動画で儲けるというのも、1つのテクニックです。

 

高齢化社会の需要

高齢化社会が加速している現在。

高齢者向けの業種はニーズがどんどん高くなりそうです。

一方で介護業界では低賃金、人材不足の問題がなかなか解消されません。

重労働なのに給料が安い。

仕事を続けられなくなる。

そんな人が増えて、慢性的な人材不足になってしまう。

スタッフが辞めると、その穴埋めをフォローする為に他のスタッフが長時間働かなければなりません。

新しい人が入って来るまでのこととはいえ、それがいつになるのかは分かりません。

フォローしていたスタッフも、先の見えない長時間労働に、大きな不安と極度な疲労で辞めてしまう事態になりかねません。

それが悪循環の始まりです。

慢性的な人材不足が生じて、労働環境の悪さが広く知られるようになります。

そうなると、いくら求人募集をしても入って来なくなってしまうのです。

それを象徴するように、介護業界の労働環境の悪さは喫緊の課題です。

国や自治体レベルで広く改善をしていかないと間に合いません。

今後も大きな需要が見込まれる業界であることは間違いないのですが、まずは仕事をする環境が整わない限り、厳しい状態にあると言えるでしょう。

 

※これは無視出来ません※

当たれば一攫千金の可能性もあるIT業界。

法人だけでなく個人にとっても、ネット環境は当たり前になっています。

膨大なデータや情報が蓄積される物だからこそ、セキュリティ対策は必須。

そんな需要の高いセキュリティソフトを始め、データベースや様々なソフトの開発競争が激化しています。

そんな中で、信頼度が高く使いやすいソフトを開発すれば、一攫千金も有り得ます。

まだまだこれからも拡大していくと思われるIT業界だからこそ、チャレンジする価値は大きいのかも知れません。

 

とにかく、大切なのは今後を見極める能力

それも、あらゆる角度から見つめていくことが必要です。

これから先、何が必要とされ、どう展開していくかを予測しリサーチすること。

また新聞や情報誌を読むことで、ヒントになるものを見付けることが出来るかも知れません。

普段の何気ない生活の中にも、「これは必要」「あったら助かる」があるもの。

それを見付けてカタチにしていく実行力こそが、成功への第一歩といえるのでしょう。

関連記事

  1. 悩み

    年収500万の手取りと貯金の最低ライン4ステップ

    年収500万の生活には、どのようなイメージを持たれているでしょうか?…

  2. 悩み

    うつ病退職と後悔しないタイミング

    どんどんと増加傾向にある、うつ病という完治するのが難しい病気。…

  3. 悩み

    同じミスを繰り返すのは病気が原因?

    同じミスを繰り返してしまった、またはよく同じミスを繰り返してしまう。…

  4. 悩み

    大量の目やにで考えられる4つの病気

    目やにの量がやけに多かったり、大量の目やにがついてしまっている状態とい…

  5. 悩み

    すぐ怒る短気な旦那の扱い方12項目

    男をイラッとさせる「売り言葉」「自分は喧嘩をするとき、どんな態度を…

  6. 悩み

    なめられる、見下される人が知るべき4つの大事な事

    なめられたり、人から見下されるような人の共通点といえば、仕事ができなか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP