心理

お金にケチな人の心理と特徴。付き合い方はどうする?

Pocket

お金に汚い人

世の中の普通の人は、自分の属している会の会費を払う。

そして、会費を払わない時には、会を抜ける。

会に属しながら、なかなか会費を払わないような人は要注意である。

要するに、お金に汚い人は要注意である。

そんなお金に汚ない人は、こんな次のような特徴があるといえるだろう。

あなたもこんな体験をしたことは無いだろうか?

このような人は特に要注意だ。

スポンサードリンク

言葉はきれいでも小金に汚い

何か物をもらう時に「出します」「払います」と言いながら、結局はお金を出さない人がいる。

ご馳走になる時も「いや、払います、払います」と言いながら、結局はご馳走になる。

だから、「ありがとうございます」と素直に言わない。

 

「払います」と言うから、「ありがとうございます」と言う必要がない。

それでいて、ちゃんと相手にお金を出させる。

「払います、払います」と、いつも言いながら結局払わない人は、要注意である。

 

要注意というのは、そのレストランでの食事のことではなく、他のことでも甘い汁を吸っていることが多いからである。

こういう人とつき合いが深くなると、怪我をする。

たとえば、そういう人は目の前で言うことと陰で言うことが違う。

 

そして、あなたが当然受けるべき恩恵をこっそりともっていく人である。

こういう人にはどんなにご馳走しても、その人はあなたのためには決して動かない。

自分の利益のためにしか動かない。

スポンサードリンク

いつでもわからないようにしてあなたを裏切っている。

また、「ご馳走します」と招待を口にしながらもそれを実行しない人は、ずるい人と思ってよい。

表と裏では違ったことを平気でする。

 

また、人を利用する人は、寄付をしない。

何かに寄付をしているかどうかは人を見分ける一つの基準である。

騙す人は、言葉はきれいでも、生き方は汚れている。

 

そして小金に汚い。

使用人を極端にこき使う。

もう一つ、人を利用する人は借金をなかなか返さない。

 

借金がいつのまにかうやむやになる。

借金をうやむやにされたら、そのお金はなくしたものと思って「この程度のお金ですんでよかった」と思うことである。

以後つき合いを控えることである。

 

つき合いが深くなれば、怪我をする。

 

 

ではこのような人達と、どう接して行けば?

 

先程は今後付き合いを控えると言ったが、仕事柄どうしたも付き合っていかなければ行かない。

こんな場合もあるでしょう。

このような場合は、どう接していくべきでしょうか?

 

このようま場合は、2つの道に別れると思う。

その2つとは以下の様なことです。

 

1.お金に汚い人という事を前提に、付き合っていく

2.自分のケチになり、絶対に2人の時は割り勘にする

 

上記の2つのような対応をするべきでしょう。

基本的には、お金に汚い人というのは、甘やかすといけません。

理由は簡単で、遠慮という言葉を知らないのかと思うほど、簡単に甘えてきます。

 

ですから、割り勘でいいのです。

「でも、それだときらわれちゃうかも…」

そんな風に思う必要はありません。

 

ケチな人に無理やり合わす必要は無いのです。

これが原因で、付き合いが無くなってもいい!

そんな心構えでいましょう。

 

また、ケチな人と無理に仲良くしていても、あなたが周りから同じような評価を受けることになります。

ケチと仲良し=あなたもケチという評価になるのです。

つまり、お金にケチな人と一緒にいても、得することも少ないのかと思います。

もちろん、人生損得で決め付けるのもよくありませんがね

 

関連記事

→あまり怒らない人の心理【あなたは女性に騙されていない?】

→友達や人から利用されるのは優しいから?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP