恋愛

おしゃれをする男性心理。認めたくない真実が!

Pocket

ルックスのまずさを諦めてしまうまで

わたしたち男を悩ませるものは、たくさんありますが、お金や勇気などと同じくらい男を悩ませるものは顔や体の美醜でしょう。

毎日のように、鏡の前で自分の顔や体をじっくりと眺めて、少しでも格好のいいところがあるとほっとして、格好悪いところが目に入ると、がっくりします。

顔や体の美醜に、お金や勇気や度胸よりもずっと関心を払う男性も結構います。

スポンサードリンク

とくに若いときには、男も顔や体の美醜ばかりに目がいき、すごくオシャレになるときがあります。

もちろん、顔や体の美しさが女性の心をつかむのにはもっとも重要だと考えているからです。

でも、女性と違ってふつうこの時期は、それほど長く続くわけではありません。

 

顔や体の格好よさも必要だけれども、女性の心を射止め、その肉体を手に入れるには、度胸とかお金などがもっと有効だと気がついてくるからです。

これは、世の中の男女の付き合いを見ていて、少しずつ学ぶのですが、こんなふうに思いはじめるのにはもう一つ理由があります。

単純な話、女性は濃い化粧やヘアスタイルや多種多様な服装や靴とかで、見た目だけだったら、自分の顔や体を自分の好みのイメージにある程度合わせたりすることができます。

 

しかし、男性の場合、ふつう男性は化粧しないし、髪型もそれほど違いはないし、服だって女性の服に比べたらみんな同じようなものだし、ハイヒールもはかないし、そんなわけで外見をあまり変えることができないので、自分の顔や体のことは諦めてしまっているのです。

そして、諦めてばかりいるんじゃつまらないから、「女をものにするのは男気とお金、要するに男の実力よ」と、大人ぶって考えようとし始めるのです。

また、顔が特別きれいだったり、背がすらっとしている幸運な男たちの中には、中年になっても、顔と体の美しさで女性を魅了しようとして、オシャレと顔の手入れに頑張っている人もいるのです。

スポンサードリンク

気楽な体の関係の友達には最適

 

デザイナーとかフォトグラファーとかライターとか、イラストレーターとか、ミュージシャンなどです。

また、その周辺にいるマスコミの人も入ります。

このタイプもはっきりと二種類に別れます。

 

一つが数少ない成功したタイプで、もう一つが圧倒的に多い、たいしてうだつの上がらないタイプです。

この芸術家タイプの共通した特徴は、お金もないのに、みんな結構女性にもてると いうことです。

職業柄女性と接触することは多いし、女性が興味を持っていることを仕事にしていることが多いので、話もよく合うし、恋人だけじゃなくて、単なる女性の友達もたくさんいる者が多いというのが一番の理由でしょう。

 

それに服装や髪型なども自由で、オシャレに見えるし、ふつうでも自由そうなのが女性に安心感をあたえるところもあります。

このうだつの上がらない芸術家タイプは女性の心もよくわかっているし、話もおもしろいし、気楽だし、とても付き合いやすいし、なにしろ研究熱心なので夜もうまいし、恋人にしても、時々デートする友達程度にするにはいいと思うのですが、悪いところは、お金がないこと、あっても安定していないこと。

また、女好きで女性とたわむれてばかりいることです。

 

女性と知り合うとすぐくっついて同棲したかと思うと、またすぐに別れるということを繰り返す者がたくさんいます。

また、別れ際がさっぱりしないで、いつまでも泣き言を言ってみたり、ストーカーみたいになってあなたをつけまわしたり、と面倒臭いことがよくあります。

もう一つの成功した芸術家タイプは、まれにしかいないというだけでなくて、正直なところいやな人間の典型というのがたくさんいます。

 

なんでも自分が一番偉くて、自分一人で誰の世話にもならずにやってきたんだという顔をしていて、自己愛だけ肥大したエゴイストそのものです。

 

関連記事

→男が複数の女を愛せる理由。デートは当たり前?

→強がりな男性心理。気が弱いと認めない!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP